読者のみなさま、あけましておめでとうございます。
最近は更新をすっかり忘れて日常を楽しんでおりました。新年度から住む家も見つかり、着々とあちらへ行く準備も進んでおります。名古屋の一人暮らし事情についてもそのうち記事にしたいですね。
さて、先日のブログで大学に問い合わせると言いましたが、回答を頂いたので紹介します。

1. 学士編入生の研究室配属について
名古屋大に編入すると3年次後期から卒業まで研究室に所属し、修士レベルの研究を行うという「基礎医学セミナー」があります(一般学生は3年次後期のみ)。シラバスには基礎系あるいは社会医学系の研究室に配属という主旨の記述がありますが、これは臨床医学系の研究室への配属は不可能というのを意味するのか?というのが気になります。ということで聞いてみました。


Answer: 
 
「臨床の研究室」は残念ながらルールとしては認められないらしいです。ただし「籍は『基礎』におきつつも臨床の研究室を訪ねる、場合によっては一時や不定期の滞在や実験等の関与を相談させてもらう(その場合「基礎」のホストに後押し・推薦をお願いできるかどうか相談する)など、いろいろな可能性を探ること自体は全く自由です」とのこと。ということは実態としてはかなり制度を柔軟に運用しているんでしょうか?そこまでは入学後に編入生の先輩に聞かないとわからないですね。


2. 一部科目単位の扱い 

名古屋大学では、編入生は生化学や薬理学といった一部科目の講義・実習は時間割の都合上出席の義務がありませんしかしそうなると単位の扱いがどうなるのか、そこは不明です。例えば実習をレポートで代替したり、試験のみを受験して単位を取得するといったことになるのか、その点を問い合わせてみました。

Answer:

各科目の担当教員の判断によりますとのこと(バッサリ)。これは…来年になるまで分からないですね(汗) きっと履修が免除されることは無いんだろうなあ。